フレンチブルドッグと暮らす日々、こども達のこと、趣味?のhandmadeのことなど、気ままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by じゅうmama
 
[スポンサー広告
出産騒動記①
記憶の残っているうちに。。

出産時のことを書いておかなくては・・忘れっぽい自分のためにね (苦笑

IMG_0855.jpg
3日目。自力呼吸ができるように

6月10日もいつもと同じように、食事・トイレの時以外は起き上がることも無く
ベッドで安静に過ごしていた・・

夕方4時30分頃、またあの嫌な感覚と共に突然出血。

3度目ともなるとまたか・・って感じでさほど驚くことも無くナースコール、
看護婦さんも同じように感じていたに違いなく至って冷静な対応。

その後出血はすぐに止まり、点滴量を増やして様子を見ることに。

これも前回と全く同じ流れ


でもここから先がいつもとは違ってたんですよね。。


5時少し前から、本当に弱いながらも周期的なお腹の張りを感じると共に
また出血してるような感覚。

その経過を診て医師より説明がありました。

今のところ胎児の心音はしっかりしているが、このまま出血が止まらなければ
出してしまわなくては危険な状態になること。
現在の週数で産まれてしまうと未熟児になるため、対応できる設備のある
病院に依頼する必要があるということ。

IMG_0857.jpg
面会時はこの格好に。手洗いと消毒も各2回しなくてはなりません。


説明を受けているのに、自分の置かれてる状況に実感が湧かない。。

数分後医師が戻り、NICUのある病院で受入れの回答がもらえたこと。
車も手配済みなので到着次第、緊急を要するので荷物は後で家族に
取りに来てもらうようにして、看護婦付き添いで転院してもらいます。
そして至急家族に転院先の病院に向かってもらうようにして下さいって・・


え。。そんな大変な状態なの?痛みも何もないけど?って戸惑いが (汗

そうこうしているうちに車が到着~お迎えに登場したのは救急隊の方達。。
人生初!患者として“救急車”に乗る羽目になってしまった!

なんて笑い事ではなく、実際は深刻とは思っていない状況で救急車に
乗るという後ろめたさとジロジロ見られることに恥ずかしさでいっぱい (^_^;)

横になった状態で固定されてると、そんな長い移動時間じゃなくても
到着する頃には車酔いで本当に具合悪い人になってました (苦笑


到着後、まっすぐ産婦人科病棟に運びこまれ診察だったのですが
ただでさえ事態を呑み込めていないママに追い討ちをかけたのが・・


(出産騒動記②に続きます・・)


関連記事
Posted by じゅうmama
comment:0   trackback:0
[*入院日記*
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jyubeixbuhibuhi.blog69.fc2.com/tb.php/224-127d94e5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。