フレンチブルドッグと暮らす日々、こども達のこと、趣味?のhandmadeのことなど、気ままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by じゅうmama
 
[スポンサー広告
キモチ新たに・・
今更ですが5/31(土)のことです。。

この日はモモちゃんが出産の頃からずっとお世話になっていた病院へ前々から予約を入れていました。。本来であればブメちゃんと一緒に狂犬病やフィラリアのお薬をもらいに行く予定だった日です。

迷いもありましたがいずれはしなくてはならないであろう報告も兼ねて行くことに。。やはり先生はとても驚かれ、その時の一部始終を話すと・・『状況からすると、倒れたと同時に意識は無くなっていたのでしょうね』との説明でした。

もし少しでも意識があったなら、そして誤飲だったならなおのこと、呼吸しようと絶対にもがき苦しむはず。それが一切無かったということやレントゲンで肺に多量の水が溜まっていたということなどから一瞬にして体の全機能が停止してしまうような何か(=ショック症状)が体内で起こったとしか考えられなく、それが心臓なのか肺なのかはわからないけれども恐らくそのどちらかではないかと思います。とも。。

やはり駆け込んだ病院の先生と同じ見解。。実はあれ以来ずっと引っかかっていたことがあったんです。『自分達がもっと早く病院に連れて行けていれば・・もしかしたら助けられたのでは?』ということ。

病院での処置や先生の説明に不満があった訳ではありません。むしろ全て納得のいくものでした。

いくら考えてもモモは返らないということには変わりありません。でもあと2分でも1分でも早く連れて行けていれば・・もしかして状況も変わったのでは・・そういうことからママ達がショックを受けないようにと先生が配慮して説明してくれていたのだとしたら・・という答えの見つからない思いがグルグル回ってしまって。。

その後も先生とは色々お話しました。そのおかげで気持ちの上では割り切れない部分もありましたが、あの時の自分にできる限りのことはしてあげられたのかな・・と、ちょっぴり前向きになれたというか。。先生には申し訳なかったのですが、疑問をぶつけたことでずっしりと重く圧し掛かっていたものが少しだけ軽くなったような気がしました。


ブログの更新の方もそろそろ・・と思いながらもなかなか踏み切れずに時間だけが過ぎてしまいましたが、次回からはいつもの日常に戻していくつもりでいます。

本当は気持ちに区切りをつけたいという思いもあり、モモに“ありがとう”の気持ちを込めた内容で締めくくってから・・と思っていたのですが、何からどう書いたら良いのやら。。たった2年半だというのにあまりにも色々と・・たくさんのことがありすぎてまとめきれず。。書ききれず。。なので、この思いは心の中に大切にしまっておくことにさせてもらいました。

P1010054.jpg
携帯なので画像悪いですが最後の撮影になってしまった写真。。

そして今思うのは。。モモがいなくなって空いてしまった心の穴は、この先少しずつでも小さくなることはあったとしても決して埋まることはないんだなぁ・・ということ。

でもいつかはこの穴を吹き抜ける風が心地よく感じる日が来ることを信じて。。今となっては忘れ形見になってしまった3匹の子供達の成長を楽しみに見守りながら、十兵衛とも毎日楽しく大切に過ごして行きたいと改めて思っています。

**最後に**
モモと出会えたこと・・2年半一緒に過ごせたこと・・嬉しかったし本当に楽しかった。。たくさんの思い出はこれからもずっとずっとママの大切な宝物です。。今までたくさんの幸せをありがとう。。


関連記事
Posted by じゅうmama
 
[*モモ*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。