フレンチブルドッグと暮らす日々、こども達のこと、趣味?のhandmadeのことなど、気ままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by じゅうmama
 
[スポンサー広告
ママババ訪問
昨日は突然思い立って“わんこぱぱさん”のお家にお邪魔してきました。ご存知の通り、十兵衛にとっては『ママ』、ブメにとっては『ババ』が暮らしているお家でもあります。

早いものでモモのことがあってから1ヶ月が過ぎ、形の上では一段落ついたということもあって、その報告とブメの成長を見てもらうため・・そして大きくなった勘助に会いたかったということもあり。。

そして到着早々大失態!!十兵衛&ブメを車から降ろそうと思ったらリードが無い!どうも乗せる時に家の前(しかも外・・)に置いたまま忘れてきたらしい・・(汗)

仕方ないのでそのまま抱えてわんこぱぱ宅裏のランスペースへ放流~♪

十兵衛は顔をブルブル震わせながらマーキングに勤しみ、ブメは突然たくさんのワンの匂いの中に放り込まれて警戒度は最高潮!一瞬にして背中の毛が全部逆立って、動けなくなっていました(笑)

ではさっそご紹介~☆

まずは本物のじゅうママこと・・ココアちゃん
P6290403.jpg

名実共にぶひ軍団の№1。彼女にはだれも逆らえないのです・・

こちら本物のモモママこと・・福ちゃん
P6290397.jpg

ぱおくん、パメちゃん、ブメのおばあちゃん。人に優しくブヒに厳しいが鉄則・・


 more...

スポンサーサイト
Posted by じゅうmama
comment:12   trackback:0
[*犬つながり
続・座りハゲ
かれこれもう1ヶ月以上も鼻水&咳とお友達になっている娘。いつもは朝も自然に目覚めご機嫌で過ごしているのに、なぜか昨日は朝からグズグズ・・いや~な予感は的中!保育園から“熱出しました~”と連絡が来ちゃいました。。

3月に通園しはじめてからというもの、風邪から始まりあらゆるものをとっかえひっかえ・・(汗)
果たして何もなく普通の状態だったのは何日あっただろうか?予防接種も予定通り進まず母としてはちょいと焦りが出て参りましたぞ。。

まぁ何はともあれ、早くスキッと良くなってくれればいいんだけどね~

でもね、早く家に帰ると喜ぶのが。。お留守番から開放される方、そう!一応はこのブログの主役でもある十兵衛さんですっ!!

この日も家に着いて。。玄関ドアを開ける⇒ 物音ひとつ無し⇒ リビングへ行きケージを覗くと⇒ グッスリお昼寝中⇒ 声を掛けてみる⇒ ママと目が合いビックリして飛び起きる・・なんて鈍感なんでしょう。。

暑い日に忙しく働く家族を差し置いて、快適なお部屋でお昼寝を堪能しておりましたゎ・・
でもねぇ、せめてドアの音くらいには反応して欲しいと思う反面こんなオトボケちゃんなところがかわいくてたまらなかったりもするんですよね~(←完全に親バカ)

続きは以前にもご紹介した“座りハゲ”のお話の続編を。。


 more...

Posted by じゅうmama
comment:14   trackback:0
[*日常*
期待はずれ
掃除機をかける時のお決まりパターン。。

今や娘も部屋中這いずり回って日々忙しく探検に励んでいます。寝ている時は問題ないのですが、起きている時はこれがも~邪魔で!全然はかどりません。。

そこで奥の手・・そう!このゆらゆらラックに縛り付けておやつで手と口をふさぐ・・(笑)
P6220374.jpg

まだ上手に食べられなくてボロボロこぼすもんだから、それを狙ってどこからともなく登場するのがこの方。。落ちてくるのを待ちきれず、あつ~い視線と鼻息を送るもしっかり嫌がられてます。

ところが娘も学習してる?のか。。
P6220375.jpg

おやつを分けてるつもりなのかなぁ・・半分を十兵衛の前に“はいっ”と置いて・・

もう半分をムシャムシャ食べてますが。。これって十兵衛にとってはある意味拷問!
P6220376.jpg
※色が似てますが縁におやつが置いてあります!

かなり頑張って背伸びしてるけど、ビミョーに届かないのです・・

 more...

Posted by じゅうmama
comment:12   trackback:0
[*日常*
もらったはいいけど・・
今日ね、会社でこれ・・エスプレッソメーカーっていうもの?をもらいました。。
コーヒーメーカーなら分かるけど、これってどうなんだろ??っていうかいちばんの問題点・・実は我が家はコーヒーを飲む人がいないのですっ!!

P6200364.jpg

P6200362.jpg

箱から出してはみたものの、取説読んでもいまいち使い方分からず。。試しに使ってみようにもコーヒーの豆が無いからダメだし、本日はただ眺めるだけで終了~
普通の豆でもいいけれど、専用のパックがあるみたいでそっちの方が簡単らしい。どうせ買うなら最初はパックで試した方がよさそうだねっ♪

まずはこれを機にコーヒーデビューするか、それともこのままそっと箱に戻してネットオークションで処分しちゃうか考えどころでもありますが・・
もしこの手のものを使ってる方がいらっしゃれば、参考までに使用感など教えてもらえると嬉しいです。

そうそう、しばらく登場してなかったけど我が家の黒豚達もちゃんと元気に過ごしてましたよ~

 more...

Posted by じゅうmama
comment:16   trackback:0
[*日常*
キモチ新たに・・
今更ですが5/31(土)のことです。。

この日はモモちゃんが出産の頃からずっとお世話になっていた病院へ前々から予約を入れていました。。本来であればブメちゃんと一緒に狂犬病やフィラリアのお薬をもらいに行く予定だった日です。

迷いもありましたがいずれはしなくてはならないであろう報告も兼ねて行くことに。。やはり先生はとても驚かれ、その時の一部始終を話すと・・『状況からすると、倒れたと同時に意識は無くなっていたのでしょうね』との説明でした。

もし少しでも意識があったなら、そして誤飲だったならなおのこと、呼吸しようと絶対にもがき苦しむはず。それが一切無かったということやレントゲンで肺に多量の水が溜まっていたということなどから一瞬にして体の全機能が停止してしまうような何か(=ショック症状)が体内で起こったとしか考えられなく、それが心臓なのか肺なのかはわからないけれども恐らくそのどちらかではないかと思います。とも。。

やはり駆け込んだ病院の先生と同じ見解。。実はあれ以来ずっと引っかかっていたことがあったんです。『自分達がもっと早く病院に連れて行けていれば・・もしかしたら助けられたのでは?』ということ。

病院での処置や先生の説明に不満があった訳ではありません。むしろ全て納得のいくものでした。

いくら考えてもモモは返らないということには変わりありません。でもあと2分でも1分でも早く連れて行けていれば・・もしかして状況も変わったのでは・・そういうことからママ達がショックを受けないようにと先生が配慮して説明してくれていたのだとしたら・・という答えの見つからない思いがグルグル回ってしまって。。

その後も先生とは色々お話しました。そのおかげで気持ちの上では割り切れない部分もありましたが、あの時の自分にできる限りのことはしてあげられたのかな・・と、ちょっぴり前向きになれたというか。。先生には申し訳なかったのですが、疑問をぶつけたことでずっしりと重く圧し掛かっていたものが少しだけ軽くなったような気がしました。

 more...

Posted by じゅうmama
 
[*モモ*
感謝のキモチ
早いものであれからもう2週間が過ぎました。“大丈夫”と言えるようになるにはまだ時間がかかりそうですがそれでも少しずつ生活は落ち着きを取り戻しつつあり、穏やかな気持ちで“あの日のこと”を振り返り、受け入れることもできるようになってきたように思えます。。

そして時間が経つにつれ、今回のことでは本当にたくさんの方々にお世話になり、お心遣いいただいたんだなぁ・・と実感。。今は感謝感謝の気持ちでいっぱいです。。

あの時、必死の思いで駆け込んだ時にはすぐに受け入れ、処置を施してくださった病院の先生。札幌は夜間病院があります。本来であれば断られても仕方ない状況だった中でどんなに心が救われたことか・・

夜遅くにもかかわらず小樽から車を飛ばして駆けつけてくださったわんこぱぱさん。モモの事を誰よりも悔やみ、悲しんでくださいました。あまりに突然の事に、頭が真っ白でどうしていいのかすらも分からずにいた時だっただけにとても心強かったです。。

それに皆さんから頂いたたくさんのお花やメール。最初はお花を見ては“死”という現実を突きつけられているような気がして涙。。メールも何度も読み返しては悲しみが新たになり涙。。でした。

でも今は、こんなに悲しんでくれる方がいて・・しかもこんなにたくさんのお花に囲まれて虹の橋を渡ることができたモモは確かに短い生涯ではあったけれど、とても幸せな子だったんだなぁ。。と思えるようになりました。そして皆さんの優しさにも触れることができたことをとても嬉しく思い、ほんわかとした気持ちにさせてくれます。

モモの死で一時はどん底の悲しみを味わいました。そしてやっとの思いでもそこから一歩踏み出すきっかけになったのはモモを介して知り合った方達がその悲しみを共感してくれ、励ましてくれたおかげ。。

今までそんな風に思ったこともありませんでしたが、知らず知らずのうちにモモはこんなにたくさんのステキな“出会い”をくれていたんですね。

まだ時には涙が出てしまうこともありますが、無理せずゆっくりと前に進んで行こうと思います。
色々とご心配くださった皆さま、本当にありがとうございました。


Posted by じゅうmama
 
[*モモ*
安らかに・・
最後のお別れ・・この日も前日に続いてとても風の強い、寒い日でした。

前日は『終わってしまった。。』という喪失感に苛まれながらも翌日に備えベッドに入り目を瞑ると、モモちゃんと出会ってから今までの色々な事が頭の中をグルグルと駆け巡り、今まで殆ど出ることのなかった涙が堰を切ったように溢れ出してきて結局ほとんど眠れないまま朝を迎えました。。

起きてみると枕がビッショリと濡れていて、涙ってこんなに出るものなんだなぁ・・となぜか冷静に思ったことだけ覚えています。

早いうちに十兵衛を会わせてあげたかったこともあり、仕事に行く前にモモちゃんのお家へ行きました。いつもは出迎えに飛び出てきてくれて、十兵衛と挨拶代わりに一戦交えていたのにその姿はもうありません。。十兵衛も部屋に入ってモモちゃんの姿を見ると何かを理解したのか、いつもとは違いまるでお別れのあいさつでもするかのように優しく顔を舐めてあげていたのが印象的でした。

どこかであれは悪夢だったんじゃないかと思ったりもしてたので、冷たく・固くなったモモちゃんを目の当たりにして『夢じゃなかったんだ・・』と悲しくなり、また涙。。

モモママと荼毘に付す日をどうするかも相談しました。もう少し一緒にいたい気持ちもあるけれど、一緒にいればいるほど悲しみが大きくなってしまうような気がする。それならば気持ちの整理をつける為にも早く天国に送り出してあげたい。。というモモママの気持ちを尊重してこの日のうちに執り行うことにしたのです。


 more...

Posted by じゅうmama
 
[*モモ*
その日は突然に・・
悲しい別れ・・。それは何の前触れもなく、突然やって来ました。。

あの日もいつもと変わらず過ごしていたモモちゃん。子犬達が走り回るようになってからは日課になっていた寝る前の駆けっこ遊び。。最初は4匹から始まったのが今はブメちゃんと2匹・・それでもいつものように楽しそうに走りまわって遊んでいる最中のことでした。突然バッタリと倒れ、必死の願いも叶わず再び起き上がることなく逝ってしまいました。。

死因はひとことで言うと『突然死』。原因までは特定できませんが状況と先生の説明から、心臓が突然止まってしまう『心臓麻痺』・・あるいは体内で何らかの異変が起こり瞬時に呼吸ができなくなってしまったことによる『ショック死』などが考えられ、健康な人でも突然なることがあるのと同じように犬でも稀に起こり得ること・・とのことです。。

モモちゃんは病気や遺伝的疾患があったわけでもなく、むしろ出産するのを機に受けた健康診断では全項目合格点をもらうほどの健康優良児でした。。もちろんいつかは訪れたであろう“お別れの時”を想像してなかった訳ではありません。でもこんなに早く・・しかもこんな予期せぬ形でやってきてしまうとは夢にも思っていなかったのです。。

当初このようなことをブログに書くことに迷いもありました。今の気持ちの中にはこの悪夢のような出来事を早く忘れてしまいたいと思っているのも事実です。でもそれと同時にモモちゃんが生き抜いた・・そして頑張った最後の瞬間までをできる限り残してあげたい。という思いもあり・・まだまだ気持ちの整理はついていませんが、記憶が薄れていく前に書き綴ることにしました。

“続き”にあの日の一部始終を記してありますが長文です。

あの日あの時の出来事を感情的なことはできるだけ含めずに書きました。動揺と切羽詰まった状況の中で起きたこと、感じたことをありのままに残そうと思ったので中には表現が不適切だったり解釈に誤りがあるところがあるかもしれません。。あくまでもモモママやママからの目線であり、一般論的なものではありませんのでそれをご理解いただける方のみお読みください。。


 more...

Posted by じゅうmama
 
[*モモ*
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。